インドネシアの鳥羽湖でフェリーシンク後に数十人が行方不明

By Tabita Diela10 7月 2018

インドネシアの北スマトラ州の洞爺湖で、沈没したフェリーで約80人の乗客のうち約18人が救助され、1人が死亡したことが確認されたと災害救助隊の関係者が語った。

Sina Bangunフェリーは、Tigaras港から約1.6km離れた午後5時30分(午後10時30分ごろ)、荒れた天気で沈没した.Sutoso Purwo Nugrohoの災害軽減庁(BNPT)スポークスマンは、湖のSamosir島から乗客を運んでいる。

ヌグロホ氏によると、捜索救助活動には2本の他のフェリーが関与しており、木曜日の夜、この地域の気象条件によって1本の木製ボートが邪魔されているという。

行方不明の乗客のいずれかが外国人であるかどうかはすぐに分かりませんでした。

フェリー事故はインドネシアでは広大な群島であり、特にEidのイスラム休暇中、ラマダンの断食月の後、数百万人が陸上、海上、および空路で彼らの故郷まで毎日旅をする。

先週、スラウェシ島のマカッサルからロープボートが約43人乗り込み、13人が死亡、30人が乗っていたスピードボートが南スマトラ沖で沈没し、少なくとも2人が死亡した。

政府が推進する人気観光地である洞爺湖は、巨大な休眠中の火山のカルデラを満たし、インドネシア最大の湖であり、世界で最も深い湖の一つです。

(リチャード・バルモフォーズのファーガス・ジェンセン編集によるタブビタ・ディエラの報告)

カテゴリー: オフショア, フェリー, フェリー, 事故, 事故, 旅客船, 海上安全