USCGは沈没するFVから2人を救います

MarineLink.com10 3月 2019
2019年3月10日日曜日、ニューヨークのフィッシャーズ島近郊で水深55フィートの漁船に接近する沿岸警備隊駅ニューロンドンの乗組員。 (写真は、New London Stationの提供による、3等級のSteven Strohmaier氏によるものです)
2019年3月10日日曜日、ニューヨークのフィッシャーズ島近郊で水深55フィートの漁船に接近する沿岸警備隊駅ニューロンドンの乗組員。 (写真は、New London Stationの提供による、3等級のSteven Strohmaier氏によるものです)

日曜日の朝、ニューヨークのフィッシャーズ島近くで沈没した漁船を放棄した後、沿岸警備隊駅ニューロンドンの乗組員は2人を救助した。

午前7時半頃、セクター・ロングアイランド・サウンドの見張り番は、彼らのボートが自分の漁場の1つで水に乗っていると述べている55フィートの商業漁船の乗組員から無線電話を受けました。

指揮センターは緊急の海洋情報放送を発行して、沿岸警備隊の駅モントークと駅ニューロンドンの救助艇の乗組員を進水させた。

二人はサバイバルスーツを着用し、漁船は8から10フィートの海のためにフィッシャーズアイランド地域に向かって北西方向のコースを維持した。

午前8時20分ごろ、モントークからの救助隊が現場に到着しました。彼らはその船を護衛し、午前9時15分、ステーション・ニュー・ロンドンの乗組員が45フィートのResponse Boat-Mediumに乗船して漁船を連れていった。モントークの乗組員は基地に戻った。

ニューロンドンの乗組員は、苦しめられた船の乗組員に脱水ポンプを渡した。ポンプは洪水の速度についていくことができず、午前9時30分に、2人の乗組員は船を放棄し、すぐに救助隊に引き取られました。乗組員が船を退避させてから1分以内に船は転覆した。

2人の救助された漁師は医療上の心配なしに駅ニューロンドンに連れて行かれました

カテゴリー: 事故, 事故