今年の春に就役する研究船Atair

ドイツ海軍造船所キールが建造した新しい液化天然ガス(LNG)による調査、難破船の調査および研究船は、この春に就役する前に、現在ドイツのベルンにあるファスマーで設置および仕上げ作業を行っています。…

インタビュー:中野豊久が「K」ライングリーンの取り組みについて語る

昨年、川崎汽船株式会社(「K」ライン)は、40.5百万DWTと6,000人以上の従業員を含む478隻の船舶を所有する世界最大かつ最も影響力のある船舶所有者の1つであり、創業100周年を迎えました。…

NYK、第2回LNG燃料PCTCを注文

日本の海運・物流会社の日本郵船株式会社は、新来島造船所との2番目のLNG燃料自動車およびトラック運搬船(PCTC)の建設を発注しました。 造船契約は1月31日にNYK本社で調印されました。本船は202…

SHI Eyesロシアの30億ドルのLNG船の注文

韓国の造船業者であるサムスン重工業(SHI)は、ロシア最大の独立ガス生産者であるNovatekから、30億米ドル相当の10個の追加の砕氷LNG船を注文する可能性があります。…

MOLインクがLNG燃料フェリーのMHIに対処

三菱造船は、三井OSKライン(MOL)と、日本で最初のLNG燃料フェリーの建設契約を締結しました。これらの船は、下関造船所で建造され、2022年末から2023年初頭に出荷が予定されています。…

Shipbuilderが6隻の船で$ 1.13Bの注文を獲得

韓国の造船大手である現代重工業(HHI)は、欧州およびアジアの船主から合計6基の液化天然ガス(LNG)運搬船の注文を確保し、総額11.3億ドルを獲得しました。 船舶…

GasLogはNewbuildsのために10億ドルを確保します

GasLogは、現在の新築プログラムのために12の国際銀行と10億5,000万ドルの輸出信用機関が支援する債務融資に署名しました。 LNG船の所有者と運営者は、韓国の造船所であるサムスン重工業(SHI…

KHIがLNG運搬船Marvel Pelicanを納入

日本の多国籍企業の川崎重工業(KHI)は、三井OSKライン(MOL)が使用する155,000 m3の液化天然ガス(LNG)輸送船であるマーベルペリカンを納入しました。 川崎の155,000…

マイヤー・トゥルクがコスタスメラルダを配達

完成した造船業者Meyer Turkuは、液化天然ガス(LNG)を燃料とするCosta Smeraldaをカーニバルコーポレーションのブランドであるイタリアの所有者Costa…