ClassNKがドローン調査のガイドラインを発行

マリンリンクス9 4月 2018

ClassNKは、クラスアンケートにおけるドロン使用の適用範囲と手順、安全運転のための技術的考慮事項、無人機のサービス供給者の要件を取り入れたクラス・サーベイにおけるドロンズ使用ガイドラインを公開しました

無人機関連の技術は非常に急速に向上しているので、多様な分野での応用がますます期待されています。海事産業においても、検査や調査の分野での利用を目指して取り組んでいます。

国際分類学会(IACS)では、クラス調査における無人探査機を含む遠隔検査技術(RIT)の使用に関する議論がすでに進行中であり、IACS Rec。 IACSの統合要件の改訂も完了し、2019年1月に発効する予定である。

一方、船舶の貨物倉やバラストタンクなどの場所で無人機を飛行させる場合は、磁性体で囲まれた閉空間内で無人機が正常に機能しない可能性があることを考慮する必要がありますこれは、飛行安定性に密接に関連している無人機(GPSおよび磁気コンパス)のセンサの一部に干渉する可能性があります。

このような状況の中で、ClassNKは2017年9月にR&Dロードマップを策定し、4つの研究開発分野の1つである「調査技術革新」の項目について説明しました。 2017年1月、船級協議会では、クラス・サーベイにおけるドローン使用の本格的な調査を開始し、船舶のタンクや貨物倉内の飛行をテストするための基本性能実験や実験を行い、さまざまな検証を実施しました。

これらの努力によって蓄積された無人機に関する技術知識と、これまでの長い歴史の中でClassNKが収集したクラス調査のノウハウと、無人運転のための技術的考察と一緒にクラス調査に適用される適用範囲と手順ドローンサービスサプライヤーの要件は、このガイドラインに記載されています。

このガイドラインは、ClassNKの「マイページ」サービスに登録しているユーザーのために、ClassNKのウェブサイトから無料でダウンロードすることができます。

カテゴリー: エレクトロニクス, サーベイヤー, ニュース, マリンエレクトロニクス, 分類協会, 海洋機器, 船舶