Acta Marine Orders 2番目のCSV、Ulstein Verftで

6 2月 2018

オランダに本社を置くActa Marineは、ノルウェーのウルシュタイン・ヴェルト(Ulstein Verft)に完成予定の建設支援船(CSV)を建設するための新築路線を備えており、ヤードで第2のCSVを発注した。

2番目の船はQ2 2019の配達が予定されており、最初の船であるActa Aurigaと同じSX195設計のもので、BARD Offshore 1風力発電所での運営のための2年間の傭船に着手するドイツ。
Acta MarineのマネージングディレクターのRob Boerは、同社が最初のプロジェクトに満足していたため、姉妹船を発注することを選択したと述べています。「Ulstein VerftのActa Aurigaの最初のCSVはまもなく海上試験に向かいます。このプロジェクトの進展とともにUlstein Verftに戻って新しい姉妹船を注文することは、船の所有者としても顧客にとっても非常に重要な、品質と配送の精度におけるヤードの実績の重要性を示す強力な信号です」
「Acta SX195船は、海上物流事業の効率を高め、風力発電設備の全体的なコストを削減し、海上風の設置基盤の稼働時間を向上させると確信しています。
長さ93.4m、幅18mの船舶は海上風に最適化されています。それは人員や貨物の移動のためのモーション補償された通路とエレベータタワーを動作させるために大規模で中央に配置されたSMSTを備えています。さらに、6トンの貨物リフトが可能な3D補償されたSMSTクレーン。最適化されたオンボードロジスティクスには、制御された環境で半分が屋根の下にある大容量のストレージ容量と、オフショア設備への無段階のアプローチが含まれます。船舶には燃費の良い駆動システムが装備されています。さらに、ヘリデッキが装着されます。後部船舶に備わるすべての主な設備と操作によって、船は自然界にいる間に自然に後進します。 X-STERNを天候に近づけておくと、波によるスラミング、騒音、振動は発生しません。乗組員はシフトの間に完全な休息を取るでしょう。
Acta Marineは海上風で活動を強化しています。これらの船の設計は、O&M(運営・維持管理)などの分野での作業や、特に天候や海の厳しい状況での建設支援のために柔軟で魅力的です」とRob Boer氏は述べています。
この船舶は、航海隊員、貨物およびスペアパーツの安全な輸送、現場での柔軟性と高い快適性を提供して、年間最大3mの北西海域での航海が可能です。各船は120人まで収容可能です。
カテゴリー: オフショア, オフショアエネルギー, ダイナミックポジショニング, ニュース, ワークボート, 契約, 船舶, 造船