マット・ボート・ソース

MarineLink.com19 11月 2018
図A:ロボットシステムを備えたマットボート(イメージ:ブリストル・ハーバー・グループ)
図A:ロボットシステムを備えたマットボート(イメージ:ブリストル・ハーバー・グループ)

エンジニアの米陸軍隊(USACE)、海洋デザインセンター(MDC)は、まもなく、188×74×10-ftlのマットボートの建設のための情報源からの通知を発表する予定です。ミシシッピ川に位置するMat Sinking Unit(MSU)のためのデッキバージュ。バージは、米国陸運局(ABS)の河川と岸壁内水路に関するサービス規則に基づいて建設される予定である。情報源は、図Bに示すように、バージの建設のためのものであり、図Aに示す政府の提供するロボット工学パッケージを組み込んだ最終製品のものではなく、FedBizOpps.govのウェブサイトで発表される予定です。

Bristol Harbor Group、Inc.(BHGI)は、2015年にUSACEとの間にIDIQ(Indefinite Delivery / Indefinite Quantity)契約を締結し、新しいマットボート、マットアセンブリプロセス、マット配置プロセスの詳細を設計、 。 BHGIは、MSUを訪問して現在の操作をよりよく理解しました。マット・シンク・ユニットの目的は、河岸を腐食および脱落から保護するためのコンクリートマットの保護オーバーコートを設置することです。 USACEの目標は、環境への影響を最小限に抑え、自動化された技術を組み込むことによってMSUを運用するUSACEの人員の安全性を向上させることです。

2017年、BHGIはSIA Solutions、LLC(SIA)に委託され、マットボートの詳細設計が実行されました。 BHGIは、マット・デッキの構造がロボットであることを確実にするために、マット・ボートのロボット・システムの設計とエンジニアリングを担当するCarnegie Mellon UniversityのNational Robotics Engineering Center(NREC)と調整を行っていますそれに応じて重みが更新される。

図B:ロボットシステムなしのマットボート画像:Bristol Harbor Group

カテゴリー: オフショア, バージーズ, ワークボート, 契約, 政府の更新, 政府の更新