Stenaラインが新築計画を確認

マリンリンクス12 6月 2018
(イメージ:Stena Line)
(イメージ:Stena Line)

Stena Lineは、現在中国で建設中の新しいRoPaxフェリーの第1号機が、2020年初めにHolyhead-Dublinルートでの就航を予定しており、2020年の春と2021年の早い時期にリバプール・ベルファストに配属予定の次の2隻。

Stena Lineの親会社Stenaは、新世代のRoPaxフェリー船Stena E-Flexerの新築契約を、2020年と2021年に予定されている配達と発表しました。Stenaは、中国のAVIC造船所から6つの新しい船舶の建設を命じました。 Stena LineのIrish Seaルートでこれらの船舶のうちの3つを探し、Stena Lineの姉妹会社のStena RoRoが他の3つを外部のパーティーにチャーターする予定です。

Stena LineのCEO、NiclasMårtenssonは、「私たちのアイルランド海路は、アテナと英国の間の貨物市場が過去5年間で著しい成長を遂げているStena Lineとお客様にとって戦略的に非常に重要です。そのため、私たちは、貨物と旅行のお客様に頻繁で信頼性の高い高品質のサービスを提供する能力を向上させ、成長させるために、地域内の港湾や船舶に約2億ポンドを投資しました。 3つの新しい船舶の配備は、アイルランド海の戦略的成長計画の具体的な例です」

配備されている新しい船舶は1,000人の乗客、120台の車両、3,100の貨物車線計を備えており、毎日4回の航行が可能で、およそ3.5時間の交差時間が予想されます。

Stenaのライン貿易担当ディレクターのIrish Sea Southは、「貨物量は2007年のケルティック虎ピークを上回り、この上昇傾向は続くと確信しています。 2017年はアイルランドのStena Lineの記録年であり、アイルランド島を行き来する私達の航路で800,000以上の貨物輸送ユニットを運航しました。我々は、Holyhead - Dublinでの新世代RoPax船の第1号機の追加を歓迎します。これは、貨物輸送能力を大幅に向上させ、旅行および貨物顧客のためのサービス基準を高めます。

また、アイリッシュ・シー・ノース地域では、新しい船舶が継続的な成長の基礎となります。

ステナライン貿易ディレクターのポールグラントは、次のように述べています。「これはベルファスト - リバプールの人気サービスの大幅な増強です。 2つの新しい船はベルファスト - リバプールのサービスで運航する最大の船となり、貨物と旅行客の能力を向上させ、サービス基準を引き上げる。私たちの機内キャビンのコンセプトは、快適でリラックスした昼と夜の交差のオプションを提供するように強化されます。船舶は「ドライブスルー」になり、積み込みと下船のプロセスはより迅速かつスムーズになります。

グラント氏は、「今回の拡張プログラムは、Stena Lineが貨物と旅行のお客様に高品質な製品を提供できるだけでなく、地域における今後の成長が続く」と語った。

E-Flexerシリーズ
長さ:214.5 m
下書き:6.4m
幅:27.8 m
容量:3,100レーンメーター+ 120台、乗客927人(乗務員)、キャビン175台
デッキの数:3 + dk 7の車のデッキ
自由高さ:dk 3 + 5で5.2m
エンジン:2 x V12 4ストロークディーゼル
速度:22ノット

カテゴリー: RoRo, フェリー, フェリー, 契約, 船舶, 造船