MOL、「FOCUS」プロジェクトを開始

Shailaja A. Lakshmi15 10月 2018
写真:Mitsui OSK Lines(MOL)
写真:Mitsui OSK Lines(MOL)

Mitsui OSK Lines(MOL)は、Mitsui E&S ShipbuildingおよびWeathernewsと協力して、より安全で環境にやさしい海洋輸送を確保するための船舶運転データを収集し適用するプロジェクトであるFleet Optimal Control Unified System(FOCUS)を開始すると発表しました。

IoTやBig Dataなどの情報通信技術(ICT)が急速に拡大し、船舶、海岸、およびその間のICTアプリケーションに新たな可能性が開かれたことで、この3つの企業は、 ICTの使用と適用。

実際の航海に関する詳細な航海データとエンジンデータは、運航中の約150隻の船から収集され、クラウドベースのデータプラットフォームに保存され、3つの企業の技術とノウハウを活用した高度な船舶運転監視と推進性能解析。

このプロジェクトは、船舶と陸上施設間の協力をさらに深める、ユーザフレンドリーなアプリケーションにより、安全な運用を強化し、環境への影響を低減する。

3つの企業は、「FOCUS」を通じ、エンジンステータス診断や故障サイン診断技術に依存するコンディションベースのメンテナンス(CBM)、「海上視覚化」を実現するなど、実際の運用データを使用したさらに効果的なアプリケーションの開発に継続的に取り組んでいます。操船中の船舶の声や映像情報を海岸側に送信し、人工知能(AI)技術を適用して操船を最適化し、デジタルツイン技術を適用して船舶管理を強化する。

条件ベースのメンテナンスとは、ステータススタンダードの保全を指します。コンディション・ベース・メンテナンスは、通常、一定期間に機器およびコンポーネントを管理する時間ベース・メンテナンス(TBM)とは異なり、メンテナンスが必要な部品を特定した後、適切な時期に機器およびコンポーネントを監視し、

デジタルツイン技術は、物理的な空間でイベントをデジタルで再現する方法です。双子のようなシミュレーション空間をシステムに組み込み、個々のカスタマイズによってデザインを変更し、最適化し、ステータスを診断し、障害の兆候を特定するために使用されます。

顧客にストレスのない便利なサービスを追求し、ビジネスカテゴリーを超えた企業や研究機関と連携して積極的に取り組んでいます。

カテゴリー: コミュニケーション, ソフトウェアソリューション, ソフトウェアソリューション, ロジスティクス, 技術