ノルウェー、2050年までに船舶排出量を半減させるIMOを推進

投稿者Joseph Keefe5 4月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /(c)14KTGold)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /(c)14KTGold)

ノルウェーの政府と船主協会は、来週ロンドンの国際海事機関(IMO)との会談の前に、世界的な輸送が2050年までに温室効果ガス排出量を半分にする目標を設定するべきだと述べた。
ノルウェーの艦隊は約450億ドルで、日本、ギリシャ、中国、米国に次ぐ世界で5番目の艦隊です。ノルウェーの船舶には、オフショア、ガス、化学薬品、自動車船舶、ドライバルク、原油、原油製品およびコンテナが含まれています。
IMOは、国際輸送が世界の二酸化炭素排出量の約2.2%を占め、4月9日から13日にかけて気候変動対策戦略を策定する。 2015年のパリ気候協定には船積みは含まれていませんでした。
ノルウェー船主協会(Norwegian Shipowners 'Association)の責任者、Harald Solbergは、Torbjoern Rooe Isaksen貿易相との共同記者会見で、「排出量は2008年に比べて2050年に向けて50%削減されるべきだ」と述べた。
「同じ期間に、需要はおそらく60%増加するため、絶対的には半分以上になる」とソルベルグ氏は述べた。
Isaksen氏はロイター通信に対し、「我々は国際ルールが必要だ。我々のベースラインはノルウェーの船主(2050年に向けて50%削減する)と同じだ」と語った。
「われわれは、IMOがこれらの野心的な排出目標に合意することを願っている。それは、地域の解決策が恐れるわけではないが、それはうまくいかない。
同協会のビジョンは、2100年に船積みは排出量ゼロでなければならないと述べた。
IMOは、ロンドンの会議で、海洋環境保護委員会が「船舶からの温室効果ガス排出量削減のための初期戦略を採択する」と期待されていると述べた。

パリ合意は、主に化石燃料から太陽光や風力などのクリーンエネルギーに移行することにより、世紀後半に純粋な温室効果ガス排出を段階的に削減する目標を設定しています。

Ole Petter Skonnordによるレポート作成

カテゴリー: エネルギー, ニュース, ファイナンス, 政府の更新, 法的, 海上推進, 海軍力, 燃料&ルブ, 環境