イギリス:出荷艦隊は2017年に7%を生産しました

Aiswarya Lakshmi1 4月 2018
写真:英国の商工会議所
写真:英国の商工会議所

英国船籍(UKSR)の総トン数は、2017年には7%増加し、2017年12月末には1620万GTとなった。

100GT1を超えるすべての商船について、海洋・沿岸警備局(MCA)の公式データによれば、UKSRの総トン数は3年連続で2014年末と比較して18%増加しました。
世界艦隊データ(IHS Globalによって供給されている)に基づき、2017年末には、英国の登録貿易艦隊は貨物輸送能力の尺度である陸上艦隊の0.8%を占め、総トン数(船の大きさの基準)に基づくと1.2%。
英国艦隊は、世界で18番目に大きい貿易艦隊であり、貨物重量ではなく、世界全体で10番目に大きな貿易艦隊となる赤軍グループの陸上重量積載量の26%を占めています。
これらの統計は、船の所有権と管理に基づいて、2017年末に英国で所有、管理、または管理されている船舶の「英国艦隊」が英国登録船貿易艦隊 - 世界艦隊の総重量の約4%を占める陸上艦隊。
英国のオーナー、親のオーナーまたは英国のマネージャーとの船舶の致死重量は、2016年末と比較して2017年に増加しました
これらの統計は、英国に登録された(英国が旗を投じた)船舶の数を含む世界的な状況で設定された、英国船舶の利益のさまざまな尺度を提供しています。すべての商船は国に登録されていなければなりません(「旗国」)。船舶登録は、国の海事部門の全体的な健康状態の指標ともなります。 ( フルレポート
カテゴリー: ニュース, 政府の更新, 船舶