USCG、地元住民が流氷から46人を救助

MarineLink.com10 3月 2019

CLEVELAND - 米国沿岸警備隊と地元の機関は、土曜日にカタワバ島の近くで自由に壊れた流氷から46人の氷漁師を救助しました。

さらに推定100人が、最初はまだ流氷につながっていた氷橋の上を泳ぐか歩くことによって、流氷から自分たちを救助することができました。

午前8時13分、沿岸警備隊のMarbleheadは、オハイオ州天然資源局の担当者から、流氷の上に立ち往生している人が約100人いて、さらに30人から40人が水に入っているという通知を受けました。沿岸警備隊第9管区は、大理石の救助に対応するために、Station Marbleheadから2本の20フィート特殊目的クラフト航空機、Air Station Detroitから2本のMH-65ドルフィンヘリコプター、および2本のMH-60 Jayhawkヘリコプターを発射した。

Catawaba Island Fire、Put-in-Bay Fire、Southshore Towingも航空機で対応し、ODNR、North Central EMS、Danbury EMSは捜索救助活動を支援しました。

沿岸警備隊のマーブルヘッドが午前8時50分ごろに現場に到着し、水の中に人はいなかった。陸に泳ぎに行こうとして水に落ちた、または意図的に水に入った人は皆、氷または陸に戻った。

まだ壊れていない氷の部分を通って、およそ100人が岸まで歩くことができました。しかし、気温が上がり続けるにつれて、氷は複数の別々の流氷に分裂しました。残りの漁師は、航空艇の乗組員とヘリコプターの乗組員によって救助された。

午前11時15分までに、氷の上に立ち往生していたすべての人が救助されました。

気温が上昇し始めると、沿岸警備隊は人々が氷の上に出かけないよう強く勧めます。氷は安全に見えるかもしれませんが、厚さを視覚的に決定するのは困難で、暖かい日の増加は氷を溶かし続けます。

出典:USCG


カテゴリー: 事故, 事故, 沿岸警備隊