IMO、CO2排出量に対処する圧力

投稿者Joseph Keefe9 4月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©14KT Gold)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©14KT Gold)

国連の船舶代理店は、今年、緩やかな進展を経て、部門からの炭素排出削減計画に合意するよう圧力をかけているが、この戦略は地球温暖化を制限するために必要なものに十分に足りない可能性がある。
2015年末に合意された地球規模の気候協定において、船舶部門は、航空とともに、2020年から気温の世界平均気温上昇を2℃以下に「十分に下回る」ことを目標としています。
国際海事機関(IMO)によると、船舶からの公害を規制する国連機関によると、海運は世界のCO2排出量の2.2%を占めています。
これは、入手可能な最新のEUデータによると、ドイツが排出する量の回りであり、未確認のままにすると大幅に増加すると予測されています。
欧州委員会は、2050年までに航空輸送と海上輸送がすべての排出量の3分の1を占めると推定している。
IMOは今週ロンドンで会議を開き、排出量削減のための初期戦略を策定している。最終的な計画は2023年までは予定されていない。
この戦略には、地球温暖化対策の下で合意された温度制限と一致するセクターの世界的な排出削減目標と、この目標が確実に達成されるための短期、中期および長期の措置のリストが含まれるべきである。
欧州委員会のスポークスマンは、EU諸国は、マーシャル諸島とともに、2008年レベルと比較して、2050年までに排出量を70〜100%削減する目標を支持していると述べた。
ノルウェーは2050年までに50%削減を提案しているが、今週の会談の議長国である日本と2060年までに50%削減することを目指す別の提案もある。
これらの目標は、地球温暖化が2℃以下になるのに十分なほど野心的ではなく、一部の環境団体や諸国は主張している。
ブラジル、サウジアラビア、パナマなどの国々もまた、EUのより高い目標の提案に反対している、と情報源は言う。
OECDの輸送シンクタンクの国際輸送フォーラム(International Transport Forum)の報告書によれば、先週、海洋部門は2035年に完全に炭化される可能性があるという。
世界の商船の80%以上を占める国際商工会議所(ICS)の会長は、一部の欧州諸国からの70〜100%削減提案は広範な支持を得ることは難しいと述べた。
ICS議長のエスベン・ポウルソン氏は、「あらゆる点でICSが完全に合意しているわけではないが、中国と日本の別の提案は真剣に検討され、妥協の根拠となる可能性がある」と述べた。
世界で2番目に大きい旗国であるマーシャル諸島は、気候変動に対して最も脆弱な国の一つです。その環境大臣デビッド・ポールは月曜日、「もっと長い間躊躇する確かな理由はない」と述べた。
IMOは、船舶エンジンからCO2を排出する手段として、燃料効率を向上させるための新しい船舶に必須の規則を採用しています。
何年もの間、CO2削減を議論してきたが、進展は遅れており、潜在的な一方的措置が地域や国レベルで行われることを求めている。
IMO事務総長キム・リム氏は先週、「今後のセッションに向けて、初期戦略の採択を延期することは選択肢ではない」と述べた。
IMO加盟国は、今週の会議で初期戦略を採択する期限を設定したが、決定が下されなければ、後の会議に引き続き延期することができる。
欧州議会のBas Eickhout議員は、「今週はIMOの信頼性にとって本当に重要だ」と述べた。

「今週が再び失敗すれば、各国は独自の行動を取らなければならない」と付け加えた。

ジョナサン・ソウルとニーナ・チェストニー

カテゴリー: エネルギー, ニュース, 政府の更新, 法的, 海上推進, 海軍力, 燃料&ルブ, 環境