Bridge Allision後の半潜水綱漏れディーゼル

マリンリンク19 11月 2019
ノースカロライナ州オレゴン・インレットのオールド・ボナー橋と協力して、半潜水型タグボートのミス・ボニーは水の中に座っています。 (米国沿岸警備隊の写真提供:沿岸警備隊ステーションオレゴンインレット)
ノースカロライナ州オレゴン・インレットのオールド・ボナー橋と協力して、半潜水型タグボートのミス・ボニーは水の中に座っています。 (米国沿岸警備隊の写真提供:沿岸警備隊ステーションオレゴンインレット)

米国沿岸警備隊によると、タグボートが部分的に沈み、ノースカロライナのオレゴン湾に橋を渡った後、ディーゼルが漏れています。

引っ張り船に乗っている8人全員が、日曜日の午前11時9分に船がオールドボナーブリッジに衝突した怪我をせずに無事に岸に着きました。

沿岸警備隊によると、ノースカロライナ州沿岸警備隊の監視員は、月曜日の午前10時頃に地元の沿岸警備隊の47フィートのモーターライフボートの乗組員から、半潜水船から光沢が出ているという報告を受けたと述べた。

放電の最大可能性は6,000ガロンです。ただし、3,000ガロンが船内にあったと推定されています。

責任者は、200フィートの収着剤ブームと175フィートの封じ込めブームを船舶の周囲に配備し、二次海洋ブームを配備し、現場の天候が許せばサルベージ作業を実施する予定です。

現時点では、野生生物への影響に関する報告はありません。チャンネルは現在、すべての船舶交通に開放されたままです。

沿岸警備隊は、米国海洋大気庁(NOAA)の科学支援コーディネーターと協力して、排出されるディーゼルの最も可能性の高い軌道を特定し、環境に敏感な地域への予防的影響に必要な緩和戦略を決定しています。

「海洋環境の保護は、沿岸警備隊にとって最優先事項です」と、ノースカロライナ州沿岸警備隊の司令官であるビオン・スチュワート大佐は言いました。 「排出から生じる環境への影響を緩和し、安全な場合には船舶を撤去する責任者の行動を監督しています。」

インシデントの原因は現在調査中です。

ノースカロライナ州のオールドボナーブリッジと相まって、半潜水型タグボートミスボニーに起因するディーゼル流出からの目に見える光沢。 (米国沿岸警備隊の写真提供:沿岸警備隊ステーションオレゴンインレット)

カテゴリー: サルベージ, ワークボート, 事故, 事故, 沿岸/内陸, 沿岸警備隊, 船舶