調査官が致命的なダックボートの沈没からDVRの内容を調べる

投稿者:Michelle Howard30 7月 2018
デジタルビデオレコーダーシステムのSDカードは、7月19日にミズーリ州ブランソン近郊に沈んだ水陸両用のDUKW「ストレッチボート7」を搭載しています(写真:NTSB)
デジタルビデオレコーダーシステムのSDカードは、7月19日にミズーリ州ブランソン近郊に沈んだ水陸両用のDUKW「ストレッチボート7」を搭載しています(写真:NTSB)

国家交通安全委員会(NTSB)の調査官は、ミズーリ州ブランソン近郊の致命的なアヒルのボートの沈没から回収されたデジタルビデオレコーダーシステムの最初のレビューを完了しました。

ライド・ザ・ダックス水陸両用車のDUKWストレッチ・ボート7号機は、天候の悪化により船がテーブルロック・レイクに沈み、16人の乗客と1人の乗組員を殺害した29人の乗客と2人の乗組員が7月19日、

ダックボートが回収される前に、SDカードを含む記録媒体と車両のデジタルビデオレコーダーカメラシステムから取り外し可能なハードドライブが回収されました。

5つのビデオチャンネルを含む記録されたビデオとオーディオメディア:ワシントンのNTSB研究所に、外向4面と内面1面が直ちに転送されました。

NTSBの最初のレコーダーレビューでは、暫定的な情報が提供され、調査中に補完または修正されます。ここに示された時間は、DVRによって記録され、現地時間に対してまだ検証されていません。情報には分析が含まれていません。したがって、この予備情報から事故の原因に関する結論を出すべきではない。音質は録音全体で大きく異なり、話されている内容の明瞭度に影響します。

  • 18:27:08について:船長と運転手は以前空の車両に乗りました。運転手は運転席に座り、船長は運転手の右側にある側方の座席に座った。 (キャプテンは水上でアヒルを操作し、ドライバーはアヒルを道路上で操作する)
  • 約18:28:00:クルーは、最初に車両の後部に足を踏み入れた個人によって、ツアーの水部分を取るように言われました。
  • 18:29:13について:乗客が積み込んでいる間、船長は旅の前に気象レーダーを見ることを口頭で言及しました。
  • 約18時33分10秒:運転手は29人の乗客数を示し、直後に車両はターミナル施設を出発した。キャプテンは、車両が動いている間にツアーを語りました。
  • 約18:50出発:ボートランプの近くで、船長はツアーの水の部分についての安全ブリーフィングを開始しました。ブリーフィングには、緊急出口の位置とライフジャケットの位置が含まれていました。キャプテンは、ライフジャケットの使用を実演し、ライフリングの場所を指摘した。キャプテンは運転席に移動し、運転手はすぐ後ろに座席に移動しました。
  • 18:55:20頃:船長は乗客に彼らが水に入ると発表しました。ボートは水に入った。この時、水は静かだった。
  • 約18:56:22と19:00:38の間:キャプテンは4人の子供を運転席に座らせ、観察し、助けた。
  • 約19時25分:水面に白濁が急速に現れ、風が増えました。
  • 約19時00分42秒:船長は運転席に戻りました。ドライバーは、ポートと右舷の透明プラスチックサイドカーテンの両方を下げました。
  • 19:01:01頃:船長は嵐についてコメントしました。
  • 19:03:15について:キャプテンはハンドヘルドの無線通話を行いましたが、その内容は現在理解できません。
  • 約19:04:15について:ビルジアラームに関連する電子音がアクティブになりました。
  • 19時5分21秒頃、船長は右手で下降し、ビルジ警報は止まる。
  • 19:05:40について:キャプテンはハンドヘルドの無線通話を行いましたが、その内容は現在理解できません。
  • 記録の最後の数分:車の車内に水がたまに飛び散る。 (フレームレートが低く、解像度が低いため、予備審査でより正確にすることは非常に困難です)。
  • 19:07:26について:ビルジアラームに関連する電子音がアクティブになりました。
  • 19:08:27:車両がまだ水面にいる間、内向きの記録が終了しました。

NTSBの技術専門家と調査の当事者からなるNTSBレコーダーグループは、記録されたデータの検証を開始し、一連のイベントの詳細な記録を作成するためにNTSB本部で開催されます。

NTSBの調査の締約国は、米国沿岸警備隊、ミズーリ州警察ハイウェイパトロール、アヒル乗り、ブランソン、全国気象サービスです。

カテゴリー: 事故, 事故, 旅客船, 沿岸/内陸, 沿岸警備隊, 海上安全