排出量R&Dに提案された50億ドルの資金

ジョナサン・サウル19 12月 2019
著作権aleciccotelli / AdobeStock
著作権aleciccotelli / AdobeStock

海運協会は、業界が排出削減に関する国連の目標を達成するのに役立つ技術を開発するために、業界が50億ドル調達した研究基金を創設することを提案しています。

世界のCO2排出量の2.2%を占める世界の輸送船団は、これらの排出およびその他の汚染を削減する圧力を受けています。世界貿易の約90%は海上で輸送されています。

国際海運協会は水曜日に、船舶用燃料の1トンあたり2ドルの義務的拠出を求め、研究基金のための資金を集め、業界のよりクリーンな技術の開発を支援しました。

国際海事機関(IMO)である国連海運局は、2050年までに業界の温室効果ガス排出量を2008年のレベルから50%削減することを目指しています。この目標は、ゼロまたは低排出燃料の迅速な開発と、よりクリーンな技術を使用した新しい船の設計を必要とすることです。

基金を支援する業界団体の1つである国際海運会議の事務局長であるサイモン・ベネットは、1トン当たり2ドルの燃料貢献により、約2億5,000万の世界艦隊による燃料消費に基づいて、10年間で約50億ドルを調達すると述べた年間トン。

「IMO 2050の目標を達成しようとする場合、私たちは下にあるプレッシャーを誇張することはできません。時間はほとんどありません」とベネットはロイターに語った。 「船の所有者は、私たちが今これに本当に取り組む必要があることをますます認識しています。」

IMO加盟国の支援を受ければ、基金は2023年までに設置される可能性があると関係者は述べた。

IMOは、提案が3月末の次回会議で組織の海洋環境保護委員会によって議論されると述べた。

IMOの広報担当者は、「IMOの初期戦略で合意された目標が化石燃料では満たされないため、研究と開発が重要になる」と述べた。 (ロイター)

カテゴリー: 政府の更新, 政府の更新, 海洋機器