太平洋、2050年までに脱炭酸を推進

Aiswarya Lakshmi4 4月 2018
写真:太平洋諸島開発フォーラム事務局
写真:太平洋諸島開発フォーラム事務局

経済協力開発機構(OECD)の国際輸送フォーラムが発表した新しい報告書によると、「現在知られている技術を最大限に活用すれば、2035年までに海上輸送のほぼ完全な脱炭素化に到達できる可能性がある」。

2035年までに国際海上輸送を脱炭酸するために必要なものを包括的に分析すると、包括的な政策手段を用いて排出削減目標の実現を支援する海運輸送の脱炭素化を推進するための明確かつ野心的な排出削減目標を設定し、海上輸送の脱炭素化を進めるための賢明な財政的インセンティブを提供します。
「OECDの報告書は、2035年までに脱環化の目標を欧州船主協会に要請した後、船舶排出削減に関するIMOの議論に関する太平洋加盟国の原則を立証している。 PIDF事務局長FrançoisMartelは、これが現実的かつ達成可能な最も責任ある事実であることを実証した最新の科学によって支えられています。
「トニー・デ・ブラム(Tony de Brum)氏は、IMOがMEPC68で1.5度のパリ協定の目標と一致する分野別目標を設定するよう求めたため、私たちの小さな島々は、船舶が気候変動の影響。今や理性と科学産業も理由を強く支持しています」とFrançois氏は付け加えました。
PIDFは、2月にフィジーとフランスの政府のためにIMOの会合に備えてワークショップを開催した(ワークショップの議事堂のサイトを参照)。フィジーのソロモン諸島高等弁務官であるパティステン・オーティ氏は、「次のIMO会合で決定されることは、船舶が我々全員の合意のもとに完全な役割を果たすかどうかについての質問に主に答えるだろうパリで鍛えた」
マーシャル諸島、ソロモン諸島、ツバルは、来年の重要なIMO会議への提出を共同で後援し、再びパリ協定に沿って2050年までに脱炭酸することを要求している。マーシャル諸島とフランスは、44人の世界首脳によって署名されたトニー・デ・ブロム宣言にも参加します。
「すべての科学は、気温上昇を1.5度以下に抑える可能性を生かすためには、IMOによる実質的かつ実質的な短期措置の採用による野心と即効行動の最高レベルの確保が失敗することを示唆している」と述べた。 Martel。 「われわれの加盟国は非常に生存しているが、これらの決定に密接に関連している」
"私は、海運業界の責任ある声明には、この移行に挑戦するほど多くの機会があることが分かったと思います。必然性を遅らせることは、この業界にとっての未来の混乱につながりかねません。 IMOの完全性がテストされます。テストに合格するためには、来週のロンドンで真の変化に真のリーダーシップを示す必要がある」とMartel氏は説明する。
「輸送フォーラムは59の加盟国を持つ政府間組織であることを覚えておくことが重要です。私たちは、これらの国々が、パリ条約を批准したことを踏まえて、IMOの船舶排出権交渉で何をしているのかを注意深く見守ります。
OECD国際輸送フォーラムの全文はこちらからご覧いただけます。
カテゴリー: ニュース, 法的, 海洋観測, 環境