フィリピンの中国の砂海探検

投稿者Joseph Keefe9 4月 2018
©Regormark / Adob​​e Stock
©Regormark / Adob​​e Stock

フィリピン政府は、数カ月以内に中国との協定を締結し、石油とガスの共同探査を行うことを検討している。
2月には、両国は、主権の問題に対処する必要なく、両国の主張する分野において、オフショアの石油とガスの共同探査の仕方を研究するための特別パネルを設置することに合意した。
ホセ・サンティアゴサンタ・ロマーナ中華人民共和国大使は、中国の海南島で開催された記者会見で、「ホン・サンティアゴ・サンタ・ロマーナ(中華人民共和国)フィリピン大使は約束している。
サンタロマーナ氏は、このイベントで、フィリピンはエネルギー安全保障を強化することを目標として、フェイスブックでライブ放送を行い、目標達成に必要な時間を要すると述べた。
北京は、大量の石油と天然ガスを保有すると考えられる地域との主要な貿易ルートである南シナ海のほとんどを主張している。その一部は、フィリピンのほかに、ブルネイ、マレーシア、台湾、ベトナムからの競合する請求の対象となります。
フィリピンのロドリゴ・デュテッテ大統領が、アジアのボアオフォーラムのために中国に飛び、火曜日に中国の大統領と会談する予定だ。
先月、フィリピンは南シナ海の2つの地域を特定し、中国と石油とガスの共同探査が行われる可能性がある。
しかし、マニラと北京の間の潜在的な取引は、中国政府ではなく会社と合意されるべきだと大統領広報官は述べた。
共同開発の考え方は1986年であるが、紛争と主権問題はそれを実現させていない。
2016年、ハーグの恒久仲裁裁判所は、競争地域の一部がフィリピンの200海里排他的経済水域の一部であり、マニラには資源に対する主権を有していたと判決した。中国はこの判決を認めない。

ニール・ジェローム・モラレスによる報告

カテゴリー: オフショアエネルギー, ニュース, 契約, 政府の更新, 法的, 海上安全, 海洋安全保障