サウナの火災が世界最北端の油田を奪う

投稿者Joseph Keefe13 4月 2018

世界最北端の油田は、油田の居住地のサウナで火事が発生した金曜日に閉鎖された。エニは、この分野を運営するイタリアの石油会社である。
北極ゴリアット畑は、ノルウェーの海岸と北極圏の約88キロメートルにおよぶバレンツ海にあります。プラットフォームには、浮動式の生産、保管、荷役設備があり、1日当たり100,000バレル近くの原油を生産することができます。
エニ氏によると、火事はすぐに消され、乗組員は負傷しなかった。
同社は声明の中で、「すべての安全手順が適切に行われた。生産が停止し、乗組員が救命艇に召集した」と述べた。エニ氏によると、このリグには約120人の乗組員がいるという。
同社の広報担当者は、プラットフォームからのアウトプットは閉鎖されたままで、再開時期はまだ明確ではないと述べた。スポークスマンはまた、海上油田がサウナを持つことは非常に一般的であると述べた。
ゴリアットフィールドには一連の問題があり、2017年後半に2ヶ月以上の停電を含む技術的な不具合のために数回閉鎖されています。

Eniはフィールドの65%を所有し、ノルウェーのStatoilは残りの35%を所有しています。

Ole Petter SkonnordとNerijus Adomaitisによる報告

カテゴリー: P&Iクラブ, エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, 事故, 事故, 保険, 北極の作戦, 海上安全