黒海の苦痛でバルカーとして死んだ2人

7 1月 2019

石炭を運んでいる船がトルコの北部沿岸に遭難信号を送ったあと、月曜日に2人が死亡し、さらに4人が行方不明となった、と沿岸警備隊と地方総督府は述べた。

ロシアのアゾフ港から出港したパナマ籍船は、黒海北東部のサムスン州から148キロ離れた遭難信号を送った、と沿岸警備隊は語った。

サムスン知事の事務所によると、13人の乗組員が9人のウクライナ国民、2人のアゼルバイジャン国民および2人のロシア人を含むばら積み貨物船に乗っていた。

沿岸警備隊は、遭難信号が船の「沈没の可能性」に関して受信されたと述べました。

沿岸警備隊によると、乗組員7人がこれまでのところ救助されているが、他の4人の捜索救助活動は続いている。その作戦は飛行機、2機のヘリコプターと2隻のボートによって実行されていた、と言いました、1人の空軍ヘリコプターもバックアップとして参加していたことを付け加えました。


(Ezgi Erkoyunによる執筆; David Dolanによる編集)

カテゴリー: サルベージ, バルクキャリアの動向, 事故, 事故, 沿岸警備隊, 海上安全