SS救済のために募金クルーズが10万ドルを調達

エリック・ホン8 5月 2018
(ファイル米国SS協会の写真提供)
(ファイル米国SS協会の写真提供)

アメリカのフラッグシップを救うために捧げられた資金調達クルーズは、その原因のために10万ドルを調達しました。

かつてアメリカで最も速く最も魅力的な海上線であったSS合衆国は、フィラデルフィアのドックで荒廃した荒廃した状態で、数年間、彼女の元の栄光から数年を費やし、手数料を払って浮き沈みを避けるために寄付に頼ってきました。

今週、歴史的な船を守ることに専念した団体は、船を救うための計画が策定されている間にSS米国をそのまま維持するのに役立つ財政的なライフラインを受けました。

Pollin Groupの所有者であるクルーズ業界のエグゼクティブであり、慈善事業家のJim Pollinは、SS United States ConservancyのExecutive DirectorであるSusan Gibbsに10万ドルの小切手を提示した。同氏は、Conservancyが働く毎月の運搬費をカバーする歴史的な船を静かな複合目的地や博物館として再活性化させる計画を進める。

小切手はSS米国合衆国祝日のセミナーと特別イベントを特集した1週間のクルーズの一環として、バミューダへの途中で現在有名人サミットに乗っていた。

「SS米国レガシークルーズの目標は、船の歴史的重要性に対する意識を高め、船を救うための重要な資源を引き上げることです」とギブス氏は説明する。 「SS米国の世界有数の専門家と海洋ライナーの旅の終わりの時代を経て、20州とカナダの保守派サポーターが集まり、アメリカの旗艦を救う努力を活発化させている」

船上での会議や「海でのセミナー」を専門とするPollin Groupが主催するこのクルーズのプログラムには、著者のイラストレーター、David Macaulay(スペシャル・レクチャー)が参加しています。船の元のデザイナーであるギブスとコックス、そしてアメリカ公共テレビドキュメンタリーのドキュメンタリー「SSアメリカ:レディ・イン・ウェイティング」の映画製作者、マーク・ペリー氏によるものです。

ポーリン氏は、 昨年の夏、コンサーヴァンシーに15万ドルの寄付を行ったと語った。「ポーリングループは、アメリカのフラッグシップを浮かせる人々を結集させる手助けをしたかった。 "私たちは最初の毎年のSS米国レガシークルーズを組織し、すべてのクルーズ委員会をコンサーバンシーに寄付することにしました。バミューダへのSS米国の歴史的ルートを再現したこの旅への興味は圧倒的でした。私たちは資金集めの目標を粉砕し、手数料や寄付から10万ドルを調達しました。

ギブス氏は、「SS米国とコンサーバンシーの使命に対する確固たる支持のためにジムに感謝している」と語った。彼の情熱、創造性、そして寛大さは、私たちの国のこの偉大な象徴が将来の世代のために救われることを確実にするために、日々働いているように本当に活気を与えています。

1952年に発足したSSアメリカは、彼女の処女航海での大西洋高速記録(今でもなお記録的に記録されている)を記録し、生涯にわたって100万人以上の乗客を輸送する、エレガントで技術的な腕時計のアメリカのシンボルとみなされ、 4人の米国大統領、国際的なロイヤルティ、無数のハリウッドの有名人を含む。

船は1969年に就役し、40年以上前に最後に荒廃した荒廃した状態のドックで何年も過ごしました。

何十年にもわたって、2016年2月の最新のものを含めて、 Crystal CruisesがConservancyとの契約を結んで潜在的にライナー・サービスに復旧することを含む、船の復元または再利用の商業的試みがいくつかありました 。集中的な1百万ドルの船舶評価が、克服できない技術的および商業的課題を明らかにした後、計画は停滞した。

カテゴリー: クルーズ船の動向, 歴史, 歴史, 船舶