ICGのFerry Newbuild Project Delayed

エリック・ホン12 6月 2018
FSG埠頭のフェリー新築ビルWBイェイツ(写真:FSG)
FSG埠頭のフェリー新築ビルWBイェイツ(写真:FSG)

アイルランド・コンチネンタル・グループ(ICG)の新ロパックスフェリーWBイェイツの納入日程は造船所の遅れにより延期されたとドイツの造船所のフレンスバーグ・シフバウ・ゲゼルシャフト(FSG)は述べた。

現在、FSGの建設の最終段階にある船舶は、もともと2018年5月に納入予定であったが、公共エリア用の内装部品の納入の遅れや、船体およびデッキハウス内の電気システムの設置が遅れているビルダーは2018年9月に入国願書へのエントリーを押し戻さなければならなかった。

FSGは、内部コンポーネントの納品遅延を克服するために、第2レベルのサプライヤに直接支払う追加の資金を提供したと述べた。

FSGのリュディガー・フックス最高経営責任者(CEO)は、「造船所と主要サプライヤーの主要機能は全て船上にあり、毎日会い、直接的かつ効率的なコミュニケーションを確保しています。 「私たちのチームは、ICGがFSGから注文した2つの大型旅客船の最初の完成に全力を傾けています。

造船契約は2016年5月に締結され 、2017年4月の最初のスチールカットと2017年9月のキール敷設が行われました.2018年1月19日に船体が浮かび、続いて浮遊式クレーンを使用して船体に取り付けられました。次に場所に溶接されます。

WBイェイツ
長さ194.8メートル
31.6メートル幅
総トン数54,975
33,600キロワットのメインエンジンパワー
1,885人の乗客と乗組員
455の客室と60のクルーの客室
2.8キロメートルの車線
排ガス浄化のためのスクラバー装備

カテゴリー: RoRo, インテリア・アウトフィット, フェリー, フェリー, 契約, 旅客船, 海洋機器, 船舶, 造船