GCI買収によりSeaspanの余分な資金が回収される

Aiswarya Lakshmi6 5月 2018
写真:Seaspan Corporation
写真:Seaspan Corporation

香港ベースのコンテナ船リース会社Seaspan Corporationは、2017年の同じ期間と比較して、収益が11.7%増加して244百万ドルとなったことから、2018年3月31日に終了した四半期の純利益は6700万ドルでした。

グレーター・チャイナ・インターモーダル・インベストメンツ(GCI)の買収による運転船の追加は、より高い収入をもたらした。
同社は、SeaspanがGCIの所有していなかった残りの89%のうち、黙示的な企業価値16億ドルで積極的な買収を完了したと発表した。
シービンの社長兼最高経営責任者(CEO)のビン・チェン氏は、「第1四半期のGCI買収完了により、業界トップの地位を固め、当社の重要な戦略目標を達成し、1株当たり利益が増加した」とコメントした。
Bing氏は次のように述べています。「戦略的な面では、GCIの買収により、お客様の要求に応えられる大型で最新のコンテナ船へのエクスポージャーが増え、弊社の艦隊構成が改善されました。契約された将来の収益とEBITDA。
「GCIを買収したことで、SeaspanはFairfaxと他のファイナンシングパートナーとのパートナーシップを拡大し、統合プラットフォームの強みを強化しました。
一方、Seaspanは、2018年1月に11000 TEU船であるMSC Yashi Bの配達を受け入れました。この船はHHIC-PHIL Inc.で建設され、MSC Mediterranean Shipping Companyとの17年間の定額船の傭船を開始しました。
裸足チャーター期間が終了すると、MSCは所定量の船舶を購入する義務があります。この納入は、以前にコミットされたリースファシリティを使用して行われました。
Seaspanはまた、2つ目の2500TEU船を購入し、Maersk Line A / Sとの船舶に定額の時間傭船契約を締結した。各時間憲章は、4年間の期間であり、傭船料の増加に伴い最大2年間のオプションがあります。
カテゴリー: ファイナンス, 合併と買収, 船舶