ECSAは、IMOが野心的な初期CO2を提供できると信じている

Aiswarya Lakshmi9 4月 2018
ECSA会長:Panagiotis Laskaridis写真:欧州共同体船主協会(ECSA)
ECSA会長:Panagiotis Laskaridis写真:欧州共同体船主協会(ECSA)

欧州の船主は、IMOの環境委員会(MEPC)が、先週の会期ワーキンググループ会議の結果を基に、今週末までに意欲的な初期CO2削減戦略に到達できると強く信じている。

欧州共同体船主協会(ECSA)は、最終的にすべての政府が取引を行う必要があることを認識すると確信しています。
途上国や海面上昇によって脅かされている国々の正当な懸念を考慮して、野心的な欧州の取り組みに基づく取り決めは、ECSAの可能性と必要性​​の意見である。欧州各国政府は、世界のすべての国の利益の間で適切なバランスを取る合意に達する原動力になることができます。
当初の戦略が合意されれば、船舶業界および船舶クラスター内の他のすべての組織に対して、可能な限り早急に完全脱炭酸化海運に全スピードを移行させるための明確かつ多くの希望される信号が与えられます。
その究極の目標を達成するためには、低炭素または炭素を含まない代替燃料、代替推進システム、および操業措置が絶対に必要です。公的資金が重要な財源となる多くの研究開発が行われなければならない。
また、他の賢明で効果的な措置を講じることによって、政府は一歩前進をサポートし、新しいコンセプトに対応するために法律を適用または導入するなど、開発をスピードアップすることができます。
短期的にも中期的にも、CO2排出削減対策が可能であり、長期的な発展を害する可能性のある間違いを防止するため、関連するすべての側面を徹底的に評価した上でできるだけ早く導入し、実施すべきである。
カテゴリー: ニュース, 法的, 海洋観測, 海軍力, 環境