ABBは遠隔操船フェリーを可能にする

4 12月 2018

氷上クラスの乗客フェリーSuomenlinna IIは、ヘルシンキ港近くのテストエリアを介して遠隔操縦され、今日の技術でどこからでも船舶の人間の監視が達成できることが証明されました。


先週のフィンランド首都港でのこの歴史的な裁判で、ABBとヘルシンキシティトランスポートは自律輸送の次のステップを踏み出しました。遠隔試験では、既存の旅客船のための世界で初めて、ABBはほぼあらゆる種類の船舶で既に利用可能な技術で船舶操業の強化をテストしました。

ABBのインダストリアルオートメーション部門のピーター・テレヴィエシュ社長は、「この試験が海運業界の将来に及ぼす潜在的な影響を非常にうれしく思っています。 ABBの先進的なオートメーションソリューションは、効率性と安全性を迅速に提供できる技術を積極的に探している船積みなど、幅広いセクターでこれまで不可能なことを可能にしています。

"自律は無人を意味するものではありません。船舶の電気、デジタル、接続性がこれまで以上に向上するにつれて、ABBは航海士に、その技能を向上させる既存のソリューションを装備することができます。このようにして、当社は海洋事業の全体的な安全性を強化しています」とABBのMarine&PortsユニットのマネージングディレクターJuha Koskela氏は述べています。

Suomenlinna IIは、ABBの新しい動的位置決めシステム、ABB Ability™Marine Pilot Controlを搭載し、ヘルシンキのコントロールセンターを操縦しました。

航海の後、ラッセ・ハイノネン大尉は次のように述べています。「我々が遠隔試験で行った進歩は目覚しいものでした。私たちが前進していく中で、この技術のさらなる可能性を模索する正しい道を歩んでいると私は信じています。

この画期的な試験は、海洋産業が自律的な運用システムを受け入れるための重要な一歩です。自律的なソリューションは、2008年の金融危機によって引き起こされた景気後退から回復するため、今後数十年間に国際輸送を変えることが期待されています。国際船舶輸送データによると、海上輸送の世界的な需要は過去10年間で30%増加し、毎年100億トン以上の貨物が海上輸送されています。

Suomenlinna IIは通常、ヘルシンキから近くの島にあるユネスコ世界遺産のスオメンリンナ要塞まで航海しています。リモートパイロット試験の場合、フェリーはヘルシンキの市場広場、Kauppatoriを出発し、Heinonen船長はヘルシンキ港の事前選択されたエリアを通ってABB Ability™海上パイロットコントロールでSuomenlinna IIをワイヤレスで運航しました。

この試行は、他の船舶のない地域で、乗客がいない海岸から離れた船の休暇中に行われた。新しいダイナミック・ポジショニング・システムが装備されていますが、従来のオンボード・コントロールを使用して試運転中にリモート・モードを展開しています。フェリーと乗組員の研究開発は継続されます。

Suomenlinna IIは、2004年に建設されたもので、ABBの砕けたAzipod®電気推進システムに適合しています。さらに、フェリーは、2017年にABB Ability™Marine Pilot Vision状況認識ソリューションを導入しました。Suomenlinna IIは、ヘルシンキ地域の他のすべての輸送手段に影響を及ぼす過酷な冬の条件により、一年中運航しています。 ABB Ability™は、ABBのデジタルソリューションとサービスを提供しています。

カテゴリー: フェリー, フェリー, 旅客船, 沿岸/内陸