貨物船がコルシカ付近で衝突して油流出

Shailaja A. Lakshmi7 10月 2018
写真©Duncan Williams、marinetraffic.com
写真©Duncan Williams、marinetraffic.com

チュニジアのオペレーターCTNが運航するユリッセ・ロロ・ロゴ貨物船は、日曜日の早朝、フランスの地中海沿岸のコルシカ島に近いキプロスのコンテナ船「CLS Virgina」を負傷させたが、負傷はなかったが、4キロ(2.4マイル)地中海で

地域のフランス海事当局からの声明によると、衝突は船舶の船体に長さ数メートルの穴を壊し、流出を引き起こした。

AP通信は、流出がコルシカから北西に向かって、フランスとイタリアの本土に向かい、長さがおよそ1.5マイル、数百ヤードの汚染の痕跡を作り出したと報告した。

報告書によると、関係者によると、彼らはまだ液体を特定していないと言っているが、質問に近いところによると、おそらく "燃料タンクの1つから漏れている"という。

AP通信によると、ユリセはイタリアのジェノヴァからチュニス近郊のラデスにあるチュニス港へ旅行していた。当時バージニア州は貨物を運んでいなかった。

フランスの船2隻がその地域に送られ、専門家らがヘリコプターで襲撃されたというAP通信の報道によると、イタリアの海上警備隊は、操船を監視する航空機と、流出を防ぐための3つの船舶も送った。

フランスの声明によると、クリーンアップ作業は、専門家が船舶を安全に分ける方法を決定する月曜日の朝、作業を再開する。

カテゴリー: サルベージ, 事故, 事故, 沿岸警備隊, 環境