英国:今後20年間の石油とガスの十分な埋蔵量

Laxman Pai9 11月 2018
イメージ:Equinor
イメージ:Equinor

英国は今後20年以上生産を維持するのに十分な石油備蓄を保有しています。

英国政府が公表した報告書によると、北海に残る回収可能な埋蔵量と資源の総量は、10億〜200億バレルに相当する石油換算額を超えている。

石油ガス公社(OGA)は、未開発の資源が成熟すれば、生産は今後20年を超えて続く可能性があると見積もっている。数値は英国大陸棚(UKCS)からの生産見積りに基づいて計算された。

2017年には2億ペソに4億ボーが加えられ、予備のリプレース率は69%に相当する約600ミリボーが生産された。新しいフィールド開発から成熟した100mmboe、野外活動による80mmboe、フィールドライフ延長による約220mmboeの埋蔵量の代替が報告された。

英国の偶発的な資源レベル(2C)は、発見されていない75億BOE​​の資源の中心的な見積もりで重要である。

この資源の大部分は成熟した地域にあり、新たな現地開発によって21億BOE、21世紀には増産型プロジェクトから、21世紀には32億BOEから未開発のものが現在提案されていない。

MER UK Exploration Task Forceの議長を務め、Azinor Catalystのマネージングディレクターを務めるNick Terrell議長は、次のようにコメントしています。「独立して検証されたOGAの取り組みは、当社のオフショア盆地の巨大な残りの探査能力をさらに定量化することを目指しています。この結果は、インフラを中心とした探鉱から、深刻な深刻なフロンティアの機会に至る探査の機会の全範囲を示しています。

「業界団体の探査タスクフォースと協力して、この作業を進めている石油ガス公司を称えるとともに、今後のさらなる成果の公開を期待している」と付け加えた。

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, 政府の更新, 政府の更新