自動フェリーがノルウェーで定期運航を開始

Kongsberg Maritimeは、通常の運航中に行われた世界初の適応フェリー輸送が、乗客と車両を満載した船で先週行われ、ドックからドックへの完全自動制御を実証したと発表しました。…

IMO2020:低硫黄燃料の潜在的な落とし穴

(これは、Maritime Reporter&Engineering Newsの2020年1月の「The Path to Zero」コラムからの抜粋です。) 世界の船舶のエンジンは、IMO準拠の非常に…

赤と白と緑いっぱい

洞察:トーマス・C・エッシャー、赤白艦隊会長 1960年、創業者の孫で現在の所有者であるトムエッシャーは、赤と白の船の掃除人および整備士として働き始めました。 1997年、エッシャーは赤と白の艦隊を購…

ポートオペレーターが生き残り、繁栄するためのデジタル化キー

物品の需要が増え続けるにつれて、より多くのコンテナをより速く、より効率的に移動する必要性も高まっています。その結果、ポートオペレーターは、生産性を高めると同時に、この需要を満たすためのコストを削減する…

スプラッシュゾーンの海中ロボット

第二次世界大戦のUボートペンの奥深くにあるオーシャンテックの基地から、OceanTechは、検査、保守、修理、またはIMRを実行するために、海洋構造物にくっつくロボットツールのセットを開発しています。…

USCG、ABSがATB用のワイヤレスヘルムシステムを承認

米国に拠点を置く自律型海洋システム開発者Sea Machinesは、業界初の関節付きタグバージ(ATB)セットをサポートする米国旗のタグボートのクラスに商用ワイヤレスヘルムシステムを搭載するクラスおよ…

IMO2020:メタノールが有望であることを証明

2019年12月31日の真夜中に時計が当たると、海洋世界は排出削減の大胆な新時代に入ります。メタノール燃料船の増加している艦隊とそのベルトの下で60,000時間以上の運転経験により、Waterfron…

MOLインクがLNG燃料フェリーのMHIに対処

三菱造船は、三井OSKライン(MOL)と、日本で最初のLNG燃料フェリーの建設契約を締結しました。これらの船は、下関造船所で建造され、2022年末から2023年初頭に出荷が予定されています。…

(海上)モノのインターネットのリスクと報酬

Internet of Maritime Things(IoMT)が近づいています!今すぐ計画を開始します。 モノのインターネット(IoT)はすでに使用されています。玄関のドアに近づいている人や近づい…