バイヤーは、新たな制裁措置の下でイラン石油を購入する米国免除を求める

Henning Gloystein、Jessica Resnick-AultおよびTsukimori修了9 5月 2018
©nicolagiordano / Adob​​e Stock
©nicolagiordano / Adob​​e Stock

韓国は、イランの原油を購入する米国の免除を求めると発表した。これは、世界の原油市場を引き締め、物価を押し上げるテヘランに対する新たな米国の制裁を受けて、多くの大石油消費者が続く可能性が高い経路である。

イランは、石油輸出国機構(OPEC)の第3位の石油生産国であり、特にアジアの精製業者にとって重要な供給業者である。

米国は、2015年後半に締結さた合意を放棄した後、新たな一方的制裁課すことを計画しており、原油輸出の厳格な制裁を含む米国と欧州の合同制裁を解除することに代わって、イランの核心を制限している。

米国務省によると、新たな米国の制裁措置には、石油・海運分野を対象とした措置が含まれ、6カ月間の「風が吹き荒れる」期間を設け、企業が契約を終了し、事業を終了し、 。

三菱UFJフィナンシャル・グループの中東・北アフリカ調査責任者エッサン・コマン氏は、「トランプ大統領は、イランとの別の合意に最小限の欲求をもっていることをはっきりと明言している。

イランの石油供給は、最後の制裁期間中、1日あたり約100万バレル(bpd)減少したが、2016年1月に制裁解除された後、主要石油輸出国として再び浮上した。

それ以来、イランは供給を増強し、2018年3月には381万バレルを生産し、世界全体の生産量の4%を占めている。今年の1〜3月の原油輸出は平均200万バレルを超えている。

アナリストらは、イランの供給が、ワシントンと並んでいる他の国々の数に応じて、200,000バレル/日から100万バレル/バレル減少すると見込んでいる。

韓国と日本
韓国の貿易産業省は、「企業の被害を最小限にする」とし、制裁措置の免除を求めると付け加えた。日本はそれに従うかもしれない。

「日本と韓国は、北朝鮮に対する米国の安全傘を失う懸念に関する米国のイランの制裁の再提案案を遵守する可能性がある」とカマン氏は述べた。

貿易統計によると、すでにイランの石油供給量は日本と韓国に減少しており、製油所の情報筋は、新たな制裁措置に備えて購入をシフトし始めたことを確認した。

イランの原油出荷量は、2017年3月の制裁後のピークから半減し、4月には30万バレル以上に達したという。

中国とインド
イラン原油の最大の買い手は中国で、中国は2016年中頃に約90万バレル/日を輸入したが、2018年には約600,000バレル/日に出荷を縮小した。

メディアに話す権限がないため、中国石油大手の高官は、原油価格を押し上げることで中国の製油所に脅威を与えるとしている。

ブレント原油は2014年11月以来最高水準に達した。

米国の制裁に対する中国の対応は不明である。北京は米国の動きに反対し、多くの中国企業がイランの原油を買い続ける可能性がある、とアナリストらは言う。

また、中国の精製業者には、ロシア、サウジアラビア、西アフリカの輸出業者などの代替サプライヤーがいると言われています。

インドでは、イラン石油の主要輸入国であり、イラン石油の輸入を続けることを希望している。

最後の制裁で、インドは、米ドルの代わりに、限られた額のイラン石油輸入をルピー単位で許可する権利放棄を楽しんだ。

国営石油会社Bharat Petroleum Corp.のリファイナーであるR Ramachandranは、「インドでの(新しい制裁の)影響はそこにあるが、あまり高くないだろう」と述べた。

2016年にテヘランに対して制裁が緩和されたとき、インドは2016年末にイランから輸入をほぼ90万バレルに増加させたが、今年は摂取量が50万バレルに減少した。

世界最大の石油消費地域であるアジアでは、サウジアラビアやロシアなどの生産者が価格を抑えるために供給を制限するなど、新たな制裁の脅威が出てきている。

その結果、主要先進国の原油在庫は、過去5年間で28.5億バレルと急激に減少しており、5年平均をわずかに上回っています。

サウジアラビアは、市場の懸念を緩和するため、石油供給不足の影響を他の生産者と一緒に減らすことができると水曜日に発表した。


(Henning Gloystein、Jessica Resnick Ault、Tsukimoriによる報告、Stephanie Kelly、Dmitry Zhdannikov、Jane Chung、Aizhu Chen、Florence Tan、Nidhi Verma、Promit Mukherjeeによる追加報告、David GaffenとHenning Gloysteinによる著書、Simon Webbによる編集、シンシア・オスターマン、ジェリー・ドイル、クリストファー・ジョンソン)

カテゴリー: エネルギー, タンカーの動向, ファイナンス, 中東, 政府の更新, 政府の更新, 法的