ニューターグは「サウサンプトン」と名付けられました

マリンリンクス14 9月 2018
2018年9月13日、ジーブルグ港の式典でダーメン建造のKotug Smit Towage用の綱引きが「サウサンプトン」と命名されました。 (写真:Kotug Smit Towage)
2018年9月13日、ジーブルグ港の式典でダーメン建造のKotug Smit Towage用の綱引きが「サウサンプトン」と命名されました。 (写真:Kotug Smit Towage)

2018年9月13日、ジーブルグ港の式典でダーメン建造のKotug Smit Towage用の綱引きが「サウサンプトン」と命名されました。
Kotug Smit Towageは、2017年と2018年にヨーロッパの港湾曳航活動のために4隻の新しく建てられたDamen綱引きを就航させました。この4柱の1つである 'Southampton'は現在Zeebrugge港で操業しています。
'Southampton'はASD Tug 2913で、80ポンドを超えるボラードプルがあります。引き綱「サウサンプトン」の命名式は、ジーブリュージュ港(MBZ)の副大統領であるリーク・ゲーテンク氏の配偶者であるアリアネ・ラバルグ女史のスポンサー夫人によって行われました。

カテゴリー: Tugboats, ワークボート, 造船